苫小牧へ行こう!マルトマ食堂へ行こう!!

DSCF2169

 苫小牧と言われても、千葉に住む私にとってはあまり馴染みの無い所だったのでした。

 フェリーでも利用しない限り、他の旅行者の方もあまり立ち寄らないのではないでしょうか。

 近郊の札幌の方でさえ、あまり行く機会はないかもしれません。

 そんな私が、苫小牧へ行くようになったのは、ネットでマルトマ食堂というお店を見付けてからでした。

 あまりに気に入ってしまい、それ以来、苫小牧には8度も行ってます(^_^;)

 ただ殆どの方は、漠然と「苫小牧って遠いのでは?」というイメージがあるのかなと思います。

 しかし、そんな事はないんです!。苫小牧は近いんです!!

 そこで、タイプ別に、苫小牧へのアクセス方法をご紹介します。

●タイプ1 新千歳空港を利用して札幌へ行かれる方

 方向的には逆なのですが、新千歳空港から電車で最短23分で行ける為、旅の最初の目的地とするのがオススメです。
 (乗り換えのタイミングによっては40分程度掛かる場合もあります)

・時間優先の方 JRを利用
(例)新千歳空港9:34発-南千歳乗換-苫小牧9:37着 所要時間23分 670円

・費用優先の方 バスを利用
(例)新千歳空港9:50発-苫小牧10:35着 所要時間45分 600円

●タイプ2 新千歳空港や札幌から、登別や室蘭へ行かれる方

 新千歳空港や札幌から登別や室蘭へ行かれる方は、苫小牧は途中にあるので便利です。

 特に、特急を使わず普通列車で行く場合には、苫小牧で乗り換えになる場合が殆どなので、その乗換えの時に途中下車してみましょう。

・札幌から 時間優先の方1 JRを利用
(例)札幌10:55発-千歳乗換-苫小牧11:58着 所要時間63分 1,410円

・札幌から 時間優先の方2 JRの特急を利用
(例)札幌10:37発-苫小牧11:20着 所要時間43分 2,510円

・札幌から 費用優先の方 バスを利用
(例)札幌10:00発-千歳乗換-苫小牧11:37着 所要時間97分 1,270円

 特急だと43分しか掛からず、凄く便利ではありますが、その為に+1050円を払うのは難しいですよね。
 実際私も、一度も特急で行った事はありません。

 しかし、最近裏技(?)を発見したんです。

 JRで出している自由席往復割引きっぷ(Sきっぷ)というのがあり、これを利用すれば、札幌から苫小牧の往復で2,960円しか掛からないんです。

 普通列車でも往復で2,820円なので、140円の差額で特急を利用する事が出来ます。

 ただこれは、札幌-苫小牧の往復きっぷですから、札幌の方が苫小牧に行く場合はともかく、旅行者が使うには、登別1泊して札幌1泊するなど、ケースが限られます。

 私の場合は、旅の行きと帰りに苫小牧に行く事が多いので、このきっぷの発見は大きいですね。

 皆さんも是非、苫小牧に行ってみてはいかがでしょうか?

 そして、私がオススメする、マルトマ食堂に行ってみて下さい。

2009年12月12日 8回目 マルトマ食堂@おまかせ丼
2009年12月09日 7回目 マルトマ食堂@おまかせ丼
2009年07月25日 6回目 マルトマ食堂@塩水ウニ丼サービス付
2009年07月24日 5回目 マルトマ食堂@超激安の特別丼?
2009年01月26日 4回目 マルトマ食堂@鮪,ホタテ漬丼,ウニイカ入
2008年09月09日 3回目 マルトマ食堂@カンパチづけ丼+α
2008年04月10日 2回目 マルトマ食堂@ウニ丼B&ホッキ貝刺

関連ランキング:定食・食堂 | 苫小牧駅

コメント

  1. kh2さん、マルトマ食堂でございます。
    このようにご紹介いただきまして、
    本当にありがとうございます! ヾ(●⌒∇⌒●)ノ
    そのほか、ご来店されるお客様への
    バス時刻やレンタル自転車などの情報は
    車社会の北海道民にとっては目からウロコなご提案でした。
    HPでも情報を更新させていただきました。
    20日にご来店予定とのことですね☆
    今回の北海道の旅も美味しく楽しんでいただけますように。。。
    旅の安全と好天を願っております!

  2. kh2 より:

    コメント、及び、貴HPでの情報の更新、有難う御座いました。
     マルトマ食堂さんに限らず、いいお店って大体駅前にはないんですよね(^_^;)
     でも、そういうお店に限って、アクセス方法の情報が無かったりするんです。
     私は旅の前に、とことん旅先の情報を調べてから出掛けますので、問題はないのですが、バスの情報まで調べる人間はまれでしょうから、掲載をお願いしました。
     レンタサイクルも、最近では殆どの観光地にはありますが、意外と知らない方も多いですからね。
     9回目と、記念すべき10回目のマルトマ食堂を、今から楽しみにしております。

タイトルとURLをコピーしました