大阪/大阪近鉄バファローズ@本拠地最終戦

【大阪近鉄バファローズ】
 1948年にパ・リーグのチームとして近鉄パールスという名で誕生。1959年に近鉄バファロー、1962年に近鉄バファローズ、1999年に大阪近鉄バファローズと改名されていきました。
 1979年日本シリーズでの江夏の21球、1988年の10.19対ロッテWヘッダー、1989年のブライアント4連発も生まれた軌跡の優勝、2001年の前年最下位からの劇的な優勝が代打逆転サヨナラ満塁ホームランで決定等が、野球史に残ります。
 2004年、経営上の都合で、オリックスに球団売却が決定してしまいました。

 この日が本拠地での最終戦となりました。最後の試合をこの目で…と思い大阪に。大阪ドーム前には合併反対の運動が続けられていました。
 試合は超満員。全てが近鉄ファンと言ってもいいでしょう。凄い盛り上がりではありますが、最後ということでなんだか寂しい雰囲気も。
 試合の方は、岡本や吉岡、赤堀といった、今シーズンは活躍出来ませんでしたが、近鉄で活躍した選手達を途中出場させたりと、最終戦らしい演出も。
 試合は7回に近鉄が追いつき延長へ。このまま引き分けかと思われましたが、11回に星野がライト前ヒットでサヨナラ勝ち。近鉄らしい劇的な幕切れとなりました。
 ここまで熱い球団はもう現れないでしょう。最悪の形での売却劇に、ファンとして悔しくてなりません。涙で大阪ドームを後にしました…
近鉄最終戦1近鉄最終戦2近鉄最終戦3近鉄最終戦4近鉄最終戦5近鉄最終戦6近鉄最終戦7近鉄最終戦8

コメント

タイトルとURLをコピーしました