小樽/小樽運河

65f5608d.jpg小樽運河
 大正12(1923)年に、長さ1300m、幅40mの水路として生まれた小樽運河ですが、小樽港や苫小牧港の整備により、荷揚げとしての役目を終え、衰退していきました。しかしその後、埋め立てしたいい市側と保存して残したい団体側との意見がまとまらないまま、昭和58年に埋め立て工事が始まり、運河の半分だけ埋め立てて道路にした現状になっています。小樽運河には4つの橋が掛けられていて、東から浅草橋、中央橋、竜宮橋、北浜橋といい、写真は中央橋から東方面に向かって撮影した物です。周りの倉庫は、建物はそのままに、その殆どがお土産や飲食店として営業しています。

 小樽には3度目ですが、一応毎回来てます。正直言って特別眺めがいいわけでもなく、綺麗に整備されて歴史的雰囲気もあまりないのですが、とりあえず来てしまいます。

コメント

  1. ゆみこ より:

    一度行ってみたかった場所です。夜ライトアップされた時にも来たいなぁ、こうゆうレンガと水が流れていて、こうゆう場所も癒やされて好きです。散歩したりただ座ってながめたりでも、私的には満足です。

タイトルとURLをコピーしました